China発の新型コロナやオリンピック開催などなど思うこと

どうして日本の一部の人は、日本における新型コロナの感染者や重症者の数について、大げさに捉えるのか理解ができません。

他国を見て、これだけ感染者数も、死者数も少ないというのに(特に1憶人を超えるような国家では)、なにを大げさに言っているのか理解に苦しみます。

確かに、ワクチン接種が進んでいないうちに感染者が爆発的に増えてしまった場合には、当然ながら死者数が増えることも考えられますが、爆発と言うには欧米には失礼な数だというのに、必要以上の自粛をして経済を止めることの方が危険だと考えています。

そして、さらにメンタルヘルスを考えれば、人々の心がすさんでくるわけですし、特に東京都の知事のように信用ならないということになれば、当たり前に人が街や郊外に出ていくのは当然のことで、このGWの高速道路の込み具合を見れば、到底信用されていないのだということがよくわかるわけです。

そのため日本ではワクチン接種を粛々と進めるべきなのですが、そこに邪魔するのは「ワクチン反対派」の方々で、これは反政府にも自称右翼にもいるので非常に厄介です。

mRNAワクチンについて無知で、生ワクチンや不活性化ワクチンのような捉え方や、古い知識で騒ぐものですから質が悪いのです。

生や不活性ワクチンのようにウィルスを体内にいれるのではなく、スパイクたんぱく質の形成に関する情報を体内に入れてメッセンジャーとして機能させるもの(詳細はもっともっとありますが)だということで、ワクチン開発も過去のウィルスと比較して圧倒的に早く作ることができたわけですが、そういう部分を知らない反対派が「速くできたから危険」などという馬鹿げた噂を流布するのですから呆れ果てるしかありません。

ワクチン打ちたくないなら別に打たなくて結構だが、それは本人と家族程度にとどめていただいて、本来であればどこかの反ワクチン村に疎開でもしていただければ日本にとっては非常にありがたい状況になると考えます。

ワクチン接種をした米国がどのような状況になっているのかを見てみれば、どれほどワクチンが有用であるかというのがよくわかりますし、危険性はどのようなものにでもあるということを考えなければ(しかもその危険性は極少数)科学は有用になりません。

一部の科学を無視する反ワクチン派(特にmRANワクチン反対派)に対しては、非常に腹が立つわけです。

そしてこれらと並行してオリンピック反対派がいます。

どうも反政府の考え方の人が多いようで、その影響のある人の意見ばかり引用して発信する人が多いのですが、私は「無観客でやりましょう」という考え方です。

オリンピックとは競技者のものでもあり、また世界の人々のためのものでもあります。

単純に誰か特定の人のものではなく、それによって勇気づけられたり、国によってはその国家への影響であったり、さまざまな影響力があると考えます。

また、オリンピックとは四年に一度開催されるものであり、それに対してアスリートはチャレンジしているわけで、2020年から1年ずれただけでピークを合わせられずに参加できなかったり、ライバルが成長して敵わなくなったりとなっているというのに、その四年に一度がなくなることで、アスリートの今までの努力は無駄になってしまうわけです。

そんなのアスリートだけの話じゃないかとおっしゃるかもしれませんが、先に書いた通り影響は他の方にも与えるわけで、ただただアスリートのことを考えただけの理由ではありません。

そして、東京でのオリンピックに反対するなら、なぜ北京での2022年冬季オリンピックについて彼らは触れないのか不思議でなりません。

Chinaは事実として今も占領政策を続けていて、チベット、内モンゴル、新疆ウイグル(東トルキスタン)はそもそもがChinaの土地ではありませんでしたし、もっと言えば満州も異なるわけです。

その占領地において現在はChina共産党が行っている虐殺に対して告発が行われており、Chinaは国内問題という言葉で逃げようとしています。

しかし、疑惑ではなく事実として出てきてしまっているものもある中で、国際情勢を考えるに当然ながら放置することはできない状況だというのに、彼らからは北京オリンピックの中止やボイコットなどという言葉は聞こえてきません。

はっきり書きますが、彼らは反日であって特に東アジアの非常識については「敢えて」無視します。

その代表格がファーストリテイリングの代表であったり、ソフトバンクの会長であったりするわけで、最近は楽天の会長も含まれてくるのかと思うと、日本はなんと非常識な人が多いのか(つまりは日本と言う国をまともに愛そうとしない人)と思うわけで、それを支持する人が一定数以上いることに呆れを感じてしまいます。

私は日本と日本人の可能性を信じていますし、まだ今なら間に合うと思っているからこそこう発信するわけです。

反日官僚を抑えること、日本を第一と考える政治家・国民が当たり前であること、そしてくだらない教育をやめることで、日本が日本たることでいられると感じています。

そして、再度ゆるやかな経済成長を目指し、他国とのバランスを取りながら、東アジアの影響力のある国として、今後も永らえるべきだと思います。

なぜ日本人は儲けることをいやがるのか

日本人のDNAには清貧という言葉でも刻み込まれているのだろうか?と感じる時があります。

それは投資など、金融系で儲けることに対して極めて否定的な人が多いと感じるからです。

正当な投資で、正当な対価を得ることがあってもいいと思います。

もちろん東トルキスタンの劣悪な環境で栽培、選別された綿を使って、安く衣料品を提供しようなどと甘い考えをして儲けようとしているような企業や経営者は言語道断ですが、金融は必要だから存在しているわけですし、そこで得た利益を社会に還元すること(消費だって十分な還元策です)こそ重要な経済循環の一つだと考えられます。

そして日本人最大のダメな点は、良いものを「必要以上に」安く売ろうとすることです。

良いものというのは素材であったり、人の手であったり、時間や材料にお金をかけているのです。

しかし、それをできるだけ安く売ろうという姿勢は、モノづくりをする人への対価が増えないどころか、最近では減らしてしまうようなことさえ行われるわけで、それだけのモノに見合った対価を支払わずに消費者にはいい顔をしようとする企業が多いことが大問題だと考えます。

必要な投資や仕入れはケチってはならないのです。

正当な対価こそ健全な経済循環となり、当然なことにゆるやかなインフレーションとなります。

それを理解していない稼ぐことができていない人ほど「コスパ」という単語を用いると感じています。

コストパフォーマンスというのはそのまま捉えれば、コストに見合ったパフォーマンスがあればいいものなのですが、どうもこの単語をコストに応じて安ければいいというような考え方をしている人があまりにも多く、とにかく安ければいいという考え方につながっているのではないかと思うのです。

このブログで何度も書いていますが、これでは正常な経済循環とならないのは、消費者自身が必要な対価を払わなければ、当然ながら自分の元へは還ってこないということを意識するべきなのです。

これも繰り返しになりますが、毎日牛丼380円ですませ、安いものだけを追い求めていれば、当然ながら自分の収入が増えるはずはありません。

そのためコストに見合った普通のものを購入したり、食したりすればいいだけのことなのですが、目先しか考えないと当然ながらその後のことは当たり前によくなるはずがありません。

私は若い時から努力だけはしてきたつもりです。

しかし、それが結実するには時間がかかりましたし、そこに出会う人の影響というのがあったため、そこでも時間がかかったと思っています。

決して無理をしたことはありませんが、安物買いをすることだけはありませんでした。

できないものはできないと我慢をし、必要なモノやサービスの消費だけをするように心がけました。

それがようやく50歳を過ぎてから結実したわけで、これから私の利益還元ができるようにと考えています。

いまは税金面でという部分が大きいわけですが、もっと消費を通じた適正な消費と投資を行っていきたいと思っています。

それが必ず日本の未来につながるからと思うからです。

そのためには適正に儲けることをするべきだと感じます。

知らなければ学んでから発言すべきと思ふこと

福島の処理水について、これだけ細かく情報を出していることを知っているでしょうか。

特に、感情でしかものを言わない人達に対して申し上げたいです。

ましてこれを100倍以上希釈して海洋廃棄すると言っています。

これの意味することを知っていますか?本当に。

科学的根拠を全くなくしている状況でただただ反対する人はみっともないとさえ感じます。

なにが風評被害だと思うのは、そういっているあなたが発信しているのではないですかと思うほどです。

世界中の原子力発電所において、海洋廃棄は行われています。

「トリチウム以外の核種が含まれている!」と言いますが、他の原子力発電所も同様で、問題がない範囲で海洋廃棄をしています。

トリチウム以外だけ全部取り出すなどというのは不可能だというのに、無茶なことを言われてもどうしようもありません。

では、他国はどれくらいの量のトリチウムを放出しているのか(ただし、海洋だけではなく待機も含まれます)というのが、4/13の産經新聞に掲載されています。

そして福島県がまとめている資料
https://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/297629.pdf

その14ページにも参考資料として世界の排出量が示されています。

さらには3ページに福島第一原子力発電所のトリチウムの現状が示されています。
タンク総量で1000兆ベクレルですが、それを一気に放出するわけではなく、事故前の年間22兆ベクレル、濃度6万Bq/Lをやめて運用目標として、1500Bq/Lにしようとしています。

通常運用よりも薄くして海洋廃棄をしようとしているわけです。

はっきりいえば、今回クレームをつけてきたChinaや韓国の原子力発電所が大気および海洋に廃棄している状態よりもきれいな状態で廃棄しようとしているのに、なんで文句を言われなければならないのか全く理解ができないということです。

つまりは感情でしかモノを言えない人や国家は、かくも知性のかけらさえ感じられないということなのです。

感情をすべて否定することはありませんが、科学に基づき世界中で行われることをただただ感情のみで否定することは、自己の知性のなさをひけらかしていることになります。

そして本日のTwitterで批判をした「SDGsの観点で原子力発電はなくすべき」という元アスリートの発言に対しては、以下のNGOの資料をみるとわかります。
※ちなみに私は気候変動は温暖化ガスの問題ではなく、地球のサイクルで人間程度に変えられるものではないというスタンスです
※さらに言えばSDGsなんてのは欧米が意識高く上記のものと合わせて自分たちの利権のために言っているものだというスタンスです

気候変動に影響を及ぼすCO2を減らすのに原子力発電は寄与する。

健康福祉に対しても、原子力発電の影響は極めて少ない。(発電量当たりの死者数で一番少ない)

こうしたSDGsの観点からみても貧困を救うためにも費用が少なく、安全で(事故の報告や死者数も書いてあります)、クリーンなエネルギー政策を捨て去うことは、全く人類に対して問題がないと・・・言いすぎだな(笑)

私は原子力発電=原子核反応による発電をこの40年内にはやめ、原子核融合炉やトリソ燃料による発電(実は現在勉強中)など、より安全な方法に変えるべきだと思っています。

感情のみで語るべきではありません。

かならずそこにある科学的根拠や証憑を以て語るべきです。

日本のそれなりの雑誌のレベルが本気で下がったと感じること

#PRESIDENT
#PRESIDENTOnline

私も一時は購読していたプレジデントです。

しかしながらこの程度の記事しか掲載できないレベルになっているわけです。

「パパ活」って肉体関係有無を含めなくて婚姻以外の部分での金銭的つながり・・・という建前ですが、大多数が肉体関係を求めるわけで、実質的にほとんどのケースが愛人や売春と大差ないと考えます。

この部分は絶対に譲りません(笑)

どう言い訳したって、お付き合いに対して金銭での対価を求めるんでしょうから、私にはその定義としか考えられないわけです。

で、プレジデントさんですが、シュガーダディってこう意味だってわかっていますか?

交際またはセックスを目的に若者(特に若い女性)に金品を貢ぐ中高年の男。

貴紙はこちらをおすすめされているのですか?

愛人関係の考察や売春に対しての考察なら結構ですが、これは恋愛観などというものではありません。

貞操観念の問題ではありますが、個人的は「あーさいですか」程度なので、そこはどうでもいいと思っています。

もし貴紙が若者に対して(ママ活もあるわけですから)「若いだけが売りになるのは一瞬だし、海外では通用しない程度の低レベルな考え方だよ」と伝えたいなら別ですが、筆者のトーンが弱いからなのかパパ活の徹底的な否定になっていません。

はっきりと愛人か売春でしかないと断じた方がよろしいでしょうし、せっかく途中に若いだけが売りにならないということを書いているわけですから、若いのが良いことではなく年齢に応じた経験をして魅力を持った方がいいですよという提案をした方がずっと良い記事になるような気がしてなりません。

そして、タイトルのつけ方が下手です。

こうした残念な記事をだしてしまうところに、私が読まなくなったという理由につながるわけです。

まだLINEに個人情報を流している人へ(購入履歴やら家族の会話やら恋人やパートナーとの会話含む)

まだ能天気にLINEを使っていらっしゃいます?

タイトルにもある通り
・購入履歴(LINEでの買い物だけではなく)
・家族の会話(収入であったり、家族関係ないの秘密など)
・恋人やパートナーとの会話(性癖であったり、内緒であったり、不倫関係の会話など)
こんなのがLINE(外国籍企業の傘下)に知られているわけです。

そしてつい先日までChinaの技術者が個人情報を触ることのできる状態であったことは、LINEを使用する個人に対して脅威であることを絶対的に知るべきだと考えるわけです。

なぜ金融、保険、インフラ、通信関係に対してFISCガイドラインでサーバーのありかやデータのセキュリティに触れているかと言えば、データやハードウエアにある顧客情報などを守るために存在しているわけで、その点を考慮していない諸外国(米国、台湾などは準拠してはいますが)に対して、データなどを預けるなどという危険性を本気で知るべきです。

そしてあらためてAHDが韓国主導の企業であることを鑑み、LINEを自治体などで使用しないことを徹底すべきではありませんし、通信、金融、インフラに関与する企業として、LINEだけではなくZHD傘下のYahoo!やPayPayなどなど、関連の会社のサービスに対して確実なる対応をすべきとともに、これら企業に対して『日本の公的機関』は利用しないようにすべきです。

さらにいえば、インフラ、通信における国内主導の開発を行い、特に公的機関にも使いやすい通信アプリなどを早急に開発すべきです。

極論「+メッセージ」を拡張するのも良いでしょうし(ここにソフトバンクが入っているのが気になりますが)、その他を拡張する方向でも良いと思いますが、本当に早急に開発しなければ日本国民の情報が他国に流れたままというような状況になってしまうわけです。

もう一つ、LINEは結局韓国企業傘下にあることを考えるに、例え日本国内でサーバーや個人情報をおいたとしても、彼の国の日本に対する行動を見ると到底信用できず、自分たちの都合の良い理論で「活用」をはじめると考えられます。

後で「またやられた」となっては遅いのです。

その時にはすでに情報は他国に流れて利用されている状況となるわけです。

だからこそ最初に「LINEを能天気に利用している」と書いたわけです。

個々人はどういう危険性があるかを本気で知り、取り組めば、この危うさがわかるでしょうが、能天気な事象平和主義者はこういう言葉に「他国への差別」などとレッテルを貼るのでしょうが、昨日2019年7月に予告しておいた通りのことが起きており、こうした現実を見ることができないのであればどうぞご勝手にとしか思いません。

私は+メッセージを利用していますが、今後はテストとしてエアレペルソナなど国内のアプリ(ただし運営が信頼に足るものかの調査は必要)を使用していきます。