カテゴリー別アーカイブ: 技術

Windows10への無償アップグレードはあと一週間ですが・・・

Windows 7, 8 or 8.1からWindows 10への無償アップグレードは7/29までとなっています。

・・・で、家にあるPCの一台をWindows 10にした感想です。

仕事部屋にはWindows 7、8.1があり、そのうちのWindows 7の一台を10にアップグレードしました。

その理由は、Windows 7および8.1と、Windows 10の比較をしたかったからにほかなりません。

まあ、まだ変更して一か月ほどですので、出し切った感はありませんがその中での感想です。

Windows 8.1よりは使えるかな?というのが正直な感想です。

Windows 8.1はあまりにもI/Fが違いすぎるため、多くのWindowsユーザーが戸惑うものになっています。

しかし、残念ながらWindows 8.1の無償アプリなどはほぼ絶滅といっていいような状況で、当初あった無償アプリも見当たらなくなってきていますし、ウィジェットもサポートしなくなっているため意味がなくなりつつあります。

これもまた当然の話で、Windows 10に開発者も移行してしまったということと、Windowsに見切りをつけてしまったWindowsの神のようなユーザーがいなくなったということなのだと理解しています。

同じアプリなら、Andoroidやappleに行った方がお金になると感じてもおかしくないからです。

つまり、WindowsアプリよりもそれらAppsの方が、一般受けしやすいということと、開発についても初期投資が少なくて済むという利点があるため、Windowsから離れて行っているような感じがします。

まあ私のようにデファクトスタンダードを利用しなければならないからWindowsを利用しなければならないという人以外、私はPC環境についてUbuntuなどのLinuxで充分であると感じています。

今やLinuxドライバも自動でインストールしてくれる時代になりましたし、充分ユーザーフレンドリーになったと思います。
※それでもWindowsやiOSの方がよりユーザーフレンドリーでしょう

しかし、MicrosoftもOffice製品とOSで最後に稼ごうとあえいでいるのがわかります。

Office 365でユーザーを囲い込んで月額をもらおうというのもその一環でしょうし、One Driveなんかもいつのまにやら入り込んでいて、しかもエクスプローラーに表示されるのですから阿漕だなあと思います。

オープンソースが優れているとはいいませんが、有償ソフトウエアが優秀であるなんてのは幻想だというのはそろそろはっきりしたでしょう。

私が20年前に会社を起ち上げた時、ユーザーの金銭的負担が少ないソフトウエアをと考えていましたが、いままさにその時代が来ようとしています。

もちろんそれだけでは足りないのですから、メインフレームなどではまだまだオープンソースの技術だけでは難しい部分もあると思っていますので、そこで大手ベンダーなどは食べていくのだろうとは思っています。

まして、大企業はもうコンピュータから逃れられないのですから、そのパイの食い合いがまだまだ続くでしょう。

ただし・・・それもこの10年で劇的に変わるのだろうな・・・なんて予想していたりします。

ハイレゾ音源の良さ

SONYからハイレゾ音源対応のWALKMANシリーズが多数発表になりました。

※いままで仕事のBlogでこうしたものを扱ってきましたが、やめてしまったのでこちらにしました^^;

音が良くなるということで音声周波数帯域ばかりを気にしている方がいるのですが、それが主ではないことを知っていただきたいと思ってこのエントリーをしています。

確かに音声周波数帯域はCDが22kHzに対してハイレゾは96kHzまでを再生することが可能です。
しかしそれだけが音の良さにつながらないのは、一つに人間の耳の特性というのがあります。
若い人で20Hzから20kHz程度の周波数しか聴くことができないのに、再生帯域が96kHzもの音を人間が直接聴くことはできません。
それだけであればCDで充分なはずなのです。

ところが実際にハイレゾ音源を聴いてみると間違いなく「音がいい」ということに気が付きます。

それはサンプリング周波数と量子化ビット数の違いから起きるものです。

どういうことかというと、1秒間にそのサンプリング周波数分、量子化ビットの強弱を保存するのです。
CDが44.1kHz/16bitですがハイレゾ音源は192kHz/24bitとなっていますので、1秒間の切り取った部分は4倍以上違いますし、量子化ビット数は2の3乗分の差が発生します。
量子化ビットというのは、デジタルで保存するために0と1で区分されるのですが、それを16ビットの場合は16乗、24ビットの場合は24乗で記録されるのです。

つまり音声周波数帯域というよりも音の滑らかさが段違いであるため、CDと比較してハイレゾ音源は「良い音」ということになるのです。

私達が若い頃はアナログ音源でしたので音声周波数帯域ばかり気にしていたのですが、デジタルの時代では音声周波数帯域よりもどうやって保存するかというのが重要になってくるのです。

そしてもっと言ってしまえば、アナログがデジタルと比較して劣っていないことの証明は、アナログと言うものは時間を区切っていないからこそ音が良いというのに気が付きます。
なにせ人間はアナログなのですから。