damian910 のすべての投稿

世論という弊害

政治も、芸能も、そこらへんのことも、SNSやマスコミによる「世論」を気にして、それらが余計な方向に動くことが最近よくあると思うようになった。

政治は菅政権の揺れ方をみるとよくわかる。

そもそも菅総理の息子が東北新社にいて、接待をする側にいるのは、別段菅総理とは関係がない話。

そして官僚に対して接待して、それが額が多いって話だっていうなら、東北新社と接待を受けた側の官僚に問題があるだけの話であって、菅総理がそんなことに関与するわけがない。

しかし野党は阿呆だからそこらへんを突っ込む。

山田氏についてもそう。

野党「〇〇は問題だ!やめさせろ!」
政府「問題はあったかもしれないが適正に処置をしたので続投する」
野党「ワーワーギャーギャー」
マスコミ「ワーワーギャーギャー」
世論のごく一部「ワーワーギャーギャー」

政府「体調の問題でやめます」

野党「優秀な官僚が政府に潰された」
マスコミ「政府は何か隠しているのではないか」
世論のごく一部「わーいやったー!」

・・・って、馬鹿ですか?

特に野党は、自分たちがこの間言ったことを忘れているのですか?っていうレベル。

芸能では渡部健さんがそう。

はっきりいうが芸能人になにを求めているの?

清廉潔白さだっていうなら、特に芸人に対しては意味がないものだと思うがいかがか。

そもそも不倫をして世間に迷惑をかけたなんてことはなく、家族や周囲に迷惑をかけただけの話。

確かに公衆トイレとそのビルには迷惑をかけたが、彼が再起しようとしているのを邪魔をしているのはマスコミ。

マスコミは人の再起を妨げようというのか?

どんな人でもまともに再起をしようとしたなら、それを阻害する必要などあるはずがないというのに、豊洲に出入りしたから豊洲市場の邪魔をして、結果は渡部健さんはその会社に出入りできなくなっている。

これが一般の人の再起を阻んでいるとしたらどう考えるのだ?

一般人じゃないなんてことじゃなく、一人の人間が犯罪などではなくまともに再起しようとしているのであれば、それを邪魔することはおろかでしかない。

それにしても菅政権は脆すぎ。

陰に隠れてNHKと契約をしなかったら割り増しにする法案を通していたり、姑息。

バックグラウンドが弱いから結局他の力のある日とのいいなり。

先日、友人と話をしていて思ったのはいかに安倍政権がまともであったかということ。

世襲だなんだとか言うが、バックグラウンドであったり、その考えであったりが強い人がやはりいいということ。

そう考えると、世襲でもなんでもいいじゃないとは思うが、結局バックグラウンドがしっかりしているのは世襲の方が多くなるのは止むを得ないことなのかもしれない。

悩みどころではあるが、現実としてそうなっている。

そして残念なことにそれらが弱い菅総理は、今日もマスゴミに流されるだけ。

なんて余裕のない国になったんだろうと

JOCの森会長(本日で「前」とつくのだろうが)の所謂女性蔑視発言とやらで、メディアスクラムにて謝罪して撤回をしても、会長を辞任することになった。

その上でさらにマスコミは「許すことができません」とは、ずいぶんとまあ余裕のない馬鹿げたことをまだ続けようとしていることに辟易する。

個人的には森発言の全文を読めば単純に女性をDisっているわけじゃないってのはわからなくはないとは思うが、余計な発言だとも思うため、この発言そのものを擁護する気はないが、責め立てる人たちに対しては「全部読んでから言えば」としか思わない。

さらには、アスリート、元アスリートでも森会長の発言に反対する人がいるのだが、本当に全文を読んで反対としているのであれば、それは読解力がないと言わざるをえないと感じる。

そのうえで、トヨタ社長の発言については、私は違和感しか感じない。

トヨタという企業の文化が好きではないのだが、豊田章夫というキャラクターにはなにか感じるものがあったのだが、もし今回の発言が彼個人の言葉であるとしたなら、残念ながらトヨタに対する印象は、私にとってはさらに悪くなるものでしかない。

そもそもトヨタは自動車の国際大会で不正を繰り返したり、F-1日本グランプリからいきなり撤退をしたりと、モータースポーツ文化に後ろ足で砂をかけてきたため、彼らにはスポーツに対する理解はないと判断している。

数々の「女性キャスター」やら「女性コメンテイター」やらが、森会長発言を「謝罪しようが辞めようがそれでは許さない(概略)」という発言をしているわけだが、こういう発言をしていることに対して余裕がないというか、どれだけ男性に対してマウントを取りたいのだろうと感じてしまう。

私は女性と男性が違うものという前提を理解したうえで、そのパーソナリティによる個性を理解したうえで、その人にあった人生を選択するべきだと考えている。

そうではなく女性上位を訴えるのであれば、私には認めることはできない。

I had COVID-19

ということで、COVID-19こと新型コロナウィルスで発症して、ホテル療養をしておりました。

Twitterでは一部報告をしていたのですが、あらためてメモとして残しておこうと思います。

上記がTwitterにメモとしたものですので、こちらも参考にしていただければと思います。

私はホテル療養が終了してから、ひどくなったのは咳でした。

咳についてはずっと健康管理の方と話をしながらひどくなるようでしたら病院に行くようにという形で今日までチェックをしているわけですが、まだ弱まる様子がないためきをつけていかなくてはなりません。

ちなみにPCR検査をしてみましたが、当然ながら現状では陰性になっており、一度陽性になった後ウイルスは体内から抜けたということはわかります。

現在はホテル療養終了時にはPCR検査をしておらず、基本的に発症から10日間で最後の72時間で症状の悪化や薬の投与がなければ療養を終了することになっているため、よほどひどい呼吸困難や咳ではなければ、新型コロナウイルスをばらまくことはないのだというのを身をもって体験しました。

しかしながら残念なのはこのあたりを理解されていない方が多く、咳をしているだけで「コロナをうつすな」という人がいるのですが、ホテルから帰宅の間に外に出たり、買い物の際にできるだけ咳は抑えていたとしても出た時に、わざわざ言いに来たりする人については「知識がないのにさらに余裕がない」と思ってしまっています。

PCRで一度発症した後に陰性になったというのに、コロナ感染があるように思っているのは、相当数いるようなイメージに思ってしまいますが、実態はどうなのでしょうか。

ワクチンについては後回しにしていただくしかなくなりました。

抗体ができてしまったわけですから、一年以上後にならなければ意味がないわけで、受けたくない人達を無視して先に受けて、結果を報告できなくなったことは非常に残念です。

ワクチンについては科学的な判断を無視した感情で突っ走っている人たちが多く見え、感情で不要であればワクチンを打たなくて結構だと思ってしまいます。

必要だと思う人から、順番を決めて粛々とワクチン接種をしていけばいいと思っているため、自治体は嫌だという人のアンケートを取ってしまえばいいと思っています。

発症後の体調に関してですが
・最高で38.3度の熱(37.5度以上が連続したのは二日間)
・倦怠感(少し仕事で起き上がっているだけで疲れる)
・咳は少々
という状態でしたが、咳についてはホテル療養後も続いている状態で、激しい時には呼吸が苦しくなるようなくらい咳が続くこともあります。

しかしながらこれらは後遺障害であるため、必ずどこかで終わるものだと考えます。

なにせ発症してからはまだ一か月経っていないわけですから、まあそのようなものだと理解をして、じっくりと後遺症をなおしていくしかありません。

生きづらい・・・って、自分でやってませんか?

いわゆるマイノリティだとか、ジェンダーギャップがとか騒いでいる方が、見事なまでに目立っているわけですが、先日もラジオを聞いていてそこまで生きづらいのか?と思って流してみました。

そして気がついたのは、そういうことばかり考えていたら、自分で生きづらくしていませんか?と感じたわけです。

家を建てる時に工務店とキッチン周りの相談をする際、工務店から「キッチン周りは奥さんの●●なので、奥さん主導で・・・」と言われたので「夫婦両方の範疇です!」と言ってやりました・・・って、そんなこと他の人に言う必要あります?(苦笑)

もし自分は違うと思っていて、夫もあなたと同じことを思っているのでしたらイライラしないで済む対処は「その意見を無視して、夫を呼んで『キッチンどうしようか?』とやること」でしょう。

前もサッカースクールの現場で、ある子供のお母さんと話をしていたのですが(そのお母さんは男女同権といつも叫んでいる人)、その人と拙宅の状況を話していて家事の部分でうちはそれぞれが空いていればどちらかがやるようにしていると発言をしたら「素晴らしい」と言ってハッと口を塞ぎました。

なぜかというと、拙宅は本当の意味で男女平等、同権を担保しているわけなので、それが素晴らしいともなんとも思っていないのですが、そのお母さんはさまざまな状況と比較して「素晴らしい」と口走ってしまったわけで、その恥ずかしさに気がついたから口を塞いだわけです。

まあ、私はその瞬間ニヤッとしましたが。

そもそも男尊女卑だという方々がいらっしゃいますが、国のありかたであったり、環境で個々の在り方が変わるのは当然のことだと思っています。

例えば北欧は「男女が同じくらい働いていて、差別がない」とか言いますが、裏返すと「労働人口が足りない中、女性の労働力が必要になった」ということもあるわけです。

なんせ彼らの信奉する北欧が、20世紀に男女平等の参政権がなかったことなど知らなかったり、無視したりするわけで、いつからその男女平等が叫び始められたのか、そういう理由でそうなったのかというところを見ようともしないわけです。

高福祉社会を作っていく中で、生活レベルを上げるための労働人口の確保が必要ですし、そこから得られる高い税金を必要とすることを無視してはなにも言えないわけです。

ただ、北欧の人達はその税金の使い道についてよく調べ、きちんと注文をつけるというところについては良いと思うわけですし、高福祉の基盤となる信教の部分については良いものだと感じるわけです。

そして日本はといえば、夫は会社、妻は家というのができあがったのは、そういう社会であったからなわけですが、高度経済成長期において「わざわざ母親が働きに出る必要がなかった」ということと、子供が多かったため育児に母親が専念していたということが一つの要因として挙げられると思います。

もちろん現在は少子化の影響により北欧的な労働人口確保が必要になってくるため、そんな悠長なことを言っていられるのは「夫婦のどちらかが十分な稼ぎを永く得られる状況がある」という条件になってくるでしょう。

義妹夫婦を見ていて思うのは、二人での収入を足して足る生活をしているわけですが、義妹はパートの範囲としているのは、夫の稼ぎがそれなりに見込むことができるからという判断の元、子育てと並行をするためにパートとしていることが見られます。

こういう世帯が今後は増えてきて、さまざまな形態の夫婦の働き方が出てくると思いますし、双方トップレベルで働きたいと、世帯収入では他の家の倍以上稼いで、ベビーシッターとホームヘルパーに依頼するなんて家庭が出てくる・・・というか、知人ではすでにそういう家庭もありますが・・・わけです。

拙宅の娘たちは未婚ですが、結婚や子育てについて現実はどうなのか、どうしたいのかという部分についてたまに話をするわけです。

彼女たちがきちんと育ってくれたなと思うのは、権利と叫ぶ前に「現実はどうなのか」「結婚をする条件は」など状況を判断して最適解を得ようとしている部分についてよかったと安心する材料があることです。

ただし、前妻との関係において離婚に至った経緯などについて突っ込まれるとタジタジとなるわけで、そこに前妻との家庭において子供達に結婚の嫌な部分を見せてしまったと今更ながら反省をしています。

まあ、その頃からも拙宅ではジェンダーギャップはなかったわけで、今でも「できる方ができることをする」という方針は一つも変わっていません。

ただ、女性をひらすら尊敬するのは生命を産み出すことができることで、男性には逆立ちしようがなにしようができないことに対しては、ジェンダーが~などとわけのわからないことを言おうなんてこれっぽっちも思いませんし、男も子供を産みたいなんて我儘を言う気もありません。

あ、そうそう、私がコンサバティブなもんで勝手にパヨさんが男尊女卑だと勘違いしているときが多いのですが、残念ながら私はこんなキャラクターだったりします。

だいたいが、今まで生きてきた考えを、たった一人の関係ない人に変えられるわけもないわけで、余程生死にかかわったり尊厳にかかわること以外は無視して我が道を行った方が楽です。

わざわざノイジーマイノリティになる必要などないのです。

なにせ自分の意見が正常だと思っているのは自分だけと思った方が良いのですから。

BARの種類によって休業要請を変えるべきでは?とね

現在、新型コロナウイルスの蔓延によりバーも時短営業ということで要請がでています。

しかし、一言でバーといっても複数の種類があるため、一律に「バーだから時短とか休業」というのはいかがかと思っています。

オーセンティックバーと呼ばれる本格的なバーは、社交場としてはハードルが高いですし、ホテルのカウンターバーやショットバーなどを含めてみても、ここで大声で話をしたり、人と必要以上に触れ合うというのはありません。
個人的にはこのバーの形態で、例えば座席定員が20名程度であり、ソーシャルディスタンスを保つことができるのであれば、時短などする必要がないのではと感じています。

ダイニングバーは食事も楽しむことができるようなバーとなるわけですが、携帯によっては飲食店であると考えることができますし、バルやアイリッシュパブなどを含めるに、騒々しいことも考えられるため、こちらは時短営業が必要となるように感じます。
ただし、ソーシャルディスタンスを保ったうえで営業するのであれば、どうしたらよいのかという議論は必要だと思います。
※スポーツバーなどもこれに当たると思います

ガールズバーはスナックと同様と考えれば、スタッフやキャストとの会話を前提とした形態となります。
そのため喋る確率や、一部のガールズバーにいたっては接待に近いことをしているギリギリのところもあるようなので、こちらは間違いなく時短営業をすべきだと思います。

出会いバーは言語道断でしょう。
異性と出会うことについては勝手にすればってことですが、残念ながら目的を考えると大声でしゃべったり、触れ合ったりすることがあるわけですから、これは間違いなく時短対象となると思います。

カラオケ屋というのも同じようなものだと思っていて、極少人数であったり、家族である場合にはカラオケボックスの使用は問題ないと思います。

ただし、ボックスではなく多くの観客の前で歌うような形式であったり、昔の歌声喫茶のように複数の人が触れ合いながら歌うような状況であれば、こちらは営業を考えるべきではないかと感じるわけです。

それぞれの形態があるものについて、残念ながら自治体は一律に決めてしまっているわけで、その無知さをさらけだしています。

形態をきちんと調査することと、実態を知ることで変わってくることがあるはずです。

オーセンティックバーなどがその代表例であって、どうすればここで多人数が集まってクラスターが起きるのか不思議でなりません。

日常が奪われている中で、さらにこれ以上の自粛や緊縮となると、当然ながら大きな反発や大型店からの反発を食らうわけです。

私はこれを単純に反対などできません。

最大180万円の休業補償は、小型店ならいざ知らず、大型店では成り立たないのは当然です。

一律に何かをするよりも、ある程度の分類をする中で社会を動かすことこそ必要であって、なんでもかんでも時短だ緊縮だとやるのは役人のサボタージュだと感じています。