カテゴリー別アーカイブ: 日々思ふこと

付加価値というもの

先日、長瀞へ行った際、話題のかき氷を食べてみたいと伺ったのですが、いろいろ感じたことを書いてみます。

それこそその土地のカキ氷の氷は、その会社の氷しかないんじゃないか?くらいの勢いでした。

「氷」の幟があるところにははっきりとその名前が書いてあります。

その名は「阿佐見冷蔵」。

で、岩畳そばのある一件にお話を聞いたのですが「私達はこの値段(450円)でずっと昔からやっているが、この会社は最近1000円以上でやっているけれど高すぎるよねえ…」とのこと。

そちらのお店は450円でそれなりに稼いでいらっしゃるのでしょうから、どうこう言ってもしかたがないのですが、反論するとしたら「あなたのお店には行列はありませんが、あちらはそのお値段で行列ができていますがなぜでしょう」というものでした。

つまりは付加価値の問題だと感じたわけです。

今のままでよければそれはそれでいいのでしょうが、阿佐見冷蔵さんは氷の販売だけではなく、カキ氷の高額差別化でさらに利益を出しているわけです。

それで、実際に登山口店に行ってみました。

はっきり言えるのは、シロップが有り物を使っているわけじゃないというのと、氷の削り方を氷屋さんだからこそわかっているというものでした。

前述のお店の方は有り物のシロップをかけて販売する訳ですが、そのシロップの三倍の単価をかけても粗利は一緒になりますが、せいぜい二倍程度でシーズンだからこそスタッフを増強して…でも、二時間近い待ち時間のお客さんが途切れないのですから、その利益たるや想像に難くないわけです。

どちらのお店がいいかなんてのは本人の考え方次第ですが、企業として利益を出すことを考えるのであれば、間違いなくこの両者は参考になるものです。

あなたは付加価値を持っていますか?持とうとしていますか?ということだと思いますし、持たなくてもいい人生の選択も有りだということです。

非正規はそんなに悲惨か?

というわけで、非正規=派遣労働者です。

じゃあ、対価が低いかと言えば、低いと言ったら世の中一般の方から袋叩きされそうなれべるです。

テレビを見ていると非正規の悲惨な現状なんてのをやっているわけですが、私はサラリーマン7年の後、非正規を3年、会社代表を16年、そしてまた個人事業主or派遣を5年やっていますが、食うに困るほどの困窮はないといっていいでしょう。

運もあったと思いますが、私は100%付加価値を生み出さないと企業から切られる仕事ですので、それこそ必死で結果を残さねばなりません。

結果を残してもマネージャが変わって気に入らないからと切られたり、そもそも入るプロジェクトが潰れて別のプロジェクトのPMに入って要件定義3ヶ月だけで放り出されるなんての日常茶飯事です。

それでも困窮しないのは、運と人脈と努力しかなく…といっても、努力なんてのはほぼ全員がしていると思っていますが、日々結果を残し続けなければならないわけで、運だけでも生きてはいけないのが真実です。

じゃあなぜ非正規なのに困窮しないのかというと、誰もができることをやらないのと、こいつじゃなきゃだめだと思わせることをしているからで「誰でもできる簡単なお仕事」では、特に非正規なら報酬は低くなって当たり前です。

そこにたどり着くまでに自分はなにをしてきたか、運をつかむことはできたのか、付加価値を相手に認めてもらえたのか等々冷静に自分のたどってきた道を眺めてみると、今の自分の置かれた場所が見えてくるのではないでしょうか。

もちろん運の悪い人がいるのも事実で、そういう方はセーフティーネットを使うことができるようにしたり、次の場所に立つための手伝いをする人々が努力すればいいのです。

しかし、ほとんどの人はそれまでの結果が全てだと(運、人脈、努力、その他)思うべきで、嘆いている暇などないはずです。

あなたは今なにをするべきなのでしょう。

私は100%の付加価値を認めてもらうため、今日も結果を出すのみです。

このごろ思ふこと

ブログを頻繁に更新することがなくなったのは、いろいろな人が自由に発信するようになったのと、自分の中でブログへの落ち着きというか、発信するものが減ったということもあり、書かなくなっています。

テレビに出たときからしばらくは、読者数やページビューも凄まじかったですし、自分が保護者として発信すべきものがあったので、日本テレビなどに今でも感謝をしています。

あのころの情熱はないのですが、最近世の中が本気で劣化してきたなあと感じるのです。

ひとつは遊びがなさすぎること。

これはテレビがつまらなくなったことではっきりとわかります。

あっちたてればこっち状態で、すべてのクレームを排除しようとするからそうなるのです。

私達が子供の頃にはドリフターズが、青年期にはビートたけしさんや明石家さんまさんが全国PTA連合会などの組織から目の敵にされましたが、そんなものは知ったことかと、他人ではなく自己を犠牲にして笑いを取っていました。

しけし、今は何かをすれば差別だ、いじめだとやかましい人々がいるわけです。

二つ目は大人が大人ではなくなったと感じることです。

日本大学アメリカンフットボール部が典型的な例で、日本大学は大学の名前と監督を守ろうとしているようにしか見えません。

古き良きものがいいとはいえませんが、自分に責任があると言っておきながらも、加害選手の発言は異なるとか、監督と選手間でそのような話ができるはずがないと言ってみたりとか、守るべきものはなんなのか、完全に間違えていることがあるのです。

あと、友人がよくつぶやいていますが、食べ物屋に行って、マナーのなっていない大人のことを書いているわけですが、肘をついて食事をするなどといった、大人であるなら間違いなく知って実行できなければならないマナーができない人が増えました。

また、金を払っているのだから店員に悪態をついても問題がないとか、恫喝しても良いだとか、当たり前ではないことをさも当たり前のようにしてしまう大人が増えました。

おかげで日本人はこうなってのから、どんどん外れるような気がしていて、過去に築き上げていただいた日本の名声が失われているような感じさえします。

政治や経済もそうで、日本人と言えるのかさえ危うい政治家がただ声がでかいだけでのさばっていたり、与党だからと胡座をかいて、とんでもない発言をするなどよく見るわけです。

経済にしても規制と既得権と成功体験から抜け出せず、Chinaに置いてけぼりになる技術などもどんどん出てきています。

とにかく決定が遅く、スピード感が全くないことに、危機感さえ感じるわけです。

それは私がブログを始めた13年前には感じられなかったこと、もしくはあまり感じなかったことだというのに、今は嘆かわしいことが重なっているようにしか見えません。

日本が好きな日本人だからこその危惧です。

なのに言ってしまう「最近の若いもんは」^^;

先日書いたばかりなのに、このところのTwitterで若い人たちの発言にがっかりすることがあります。

高須クリニックの院長の発言に対して、いろいろと反対意見を出してくるのですが、高度経済成長からバブル期頃までを支えまくった人に比べて、今の方が仕事が忙しくて休む暇もなく、給与も安いなどと書いているわけです。

これには正直なところがっかりしました。

自分だけが不遇だと思うことが、この発言の根幹にあるのだと感じるわけですが、嘆く前に何かしたのだろうか?と考えるのです。

1986年の就職活動組は、最後の就職氷河期といわれました。

翌年からバブル入社が始まるわけですが、私たちにはまったく関係もなく、会社の勝手な都合によって、給与の締め日の変更などが重なり、私の初任給手取りは七万円でした。

アルバイトでもその三倍は稼いでいたわけですから、その瞬間に「とっととこの会社を辞めてやる」と思ったのは言うまでもありません。

そこからの三年は店頭登録準備もあり、また会計システムリメイクの担当になったこともあり、凄まじい勢いで仕事をしました。

1987年はまだ汎用コンピュータにDAM端が少数でシステム開発をするような感じで、プログラムを打ち込むにも端末の予約、コンパイルをしてもジョブ待ち、コンパイルリストは別のところに取りに行く上、タイムラグが発生、そして机上デバッグをして端末予約…その繰り返しでした。

私が恵まれていたのは、本社の情報管理部で、汎用機も同じ部屋の中、DAM端ではなく、PC-UNIXにエミュレータのついた○百万円の端末が一人一台、コンパイルリストは部屋内のプリンタから出るので、デバッグの時間も短縮…本当に恵まれていました。

しかし、安い給料は相変わらずでしたが、さらに幸いだったのは次長が会社と掛け合い、同じ部署のメンバー全員に、残業代がすべて出るようにしてくれたことでした。

そして、三年後に落ち着き、他の部署からのヘルプで、所属は本社のままで現場に出たのですが、給与の安さを再確認し辞めることを心に決めたときに、店頭登録をしたい会社から会計システムをスクラッチで作成したいので、そのリードとして来てくれないかというお誘いをいただいたのです。

しかも給与は年俸分と一定以上の作業時間を超えた場合の残業代ということで、報酬としては26歳の小僧としては恵まれたものになったのです。

とまあ、ラッキーがあったのは間違いがありませんが、その前の三年間はそれこそ死に物狂いで安い給料でも仕事をしまくったわけです。

環境に恵まれていたこともあり、その部分にも幸運がありましたが、はっきりと自分で他の人よりもやったと言えるだけの仕事内容をしたと思っています。

また、否定する人もいますが、過労死してもおかしくないほどの残業をして、精神的にもタフになったおかげで、その後の独立期にあった大概のことに耐えられたのは、これらの経験があったのも要因の一つだと考えています。

若い人たちに問いたいのは、そこまで本当にやってみた?というものです。

初任給七万円、最初のボーナスは小遣い程度、冬のボーナスも一ヶ月以下…と、私だって情けないくらいの生活をしていました。

しかしそこをはねのけたのは、運と努力があったからだと今だから言えるのです。

途中何度も自分が不遇ではないかと思ったこともありましたが、50歳を超えた今は山も谷も大きかったけれど、まあ普通よりいいのかな?と言えるキャリアになったと考えています。

若者は可能性を山ほど持っています。

だから、愚痴る暇があったら、それを打開することをやってみろ!と言いたいのです。

やっと就職が売り手市場になり、これからが間違いなくチャンスです。

このチャンスを逃したら次はない!と思って死ぬほど…とはいかないまでも、転職を含めて自分の道を探してみてはいかがでしょうか。

私から言わせれば、若い人は私なんかよりもっと可能性を持っていると思うので、今こそ立て!とそう感じているのです。

「最近の若いもんが…」が通用しなくなるとき

それはあなたが「老害」となったときなのでしょう。

良い老い方とはいくつもあるでしょうが、例としては後輩達に託したり、任せたりすることであったり、呑み込むことだと思われます。

しかしながら、世の中には残念な老害が山ほどいるようでなりません。

いつまでたっても自分の経験が後輩より上だと思っている人、自分をより大きく見せようとする人、こういう人を見ていると痛々しくてなりません。

例えばスポーツの解説者、とりわけプロ野球を例に取ると、ご意見番と言われる人の多くに「大谷翔平は成功しない」という意見が見られます。

世間一般から見れば、ご意見番のことばなんてどうでもいいわけで、さらに言うならば「あなたにはできなかったのに、その尺度でしか物事を言うな」とさえ感じるわけです。

これだけ投手と打者の分業が進んだプロ野球の中で、エースで四番をやろうとしている選手がいると面白いと思うファンがいっぱいいておかしくないですし、事実として野球にあまり興味がなかった人でさえ、大谷翔平の一打、一球に視線を注ぐ人さえいるのです。

ご意見番は四番だったり、エースだったりしたのかもしれませんが、プロとして通年でエースで四番をやったことがないわけで、どんなことかが理解できないのでしょう。

先日も元暴力ピッチャー(笑)が、俺の記録にも満たないと思うなどと言っていましたが、そんなの知ったこっちゃないわけです。

むしろ年を重ねれば「前例がないなら突き破れ」と言えるくらいの懐を深くするべきだと感じています。

還って、実社会でも同じだと思っています。

いつまでも総合職を優遇する大企業、その中から取締役を選ぶ不可思議。

マネジメント専業や、生え抜きを選出することしか考えていないこと。

いつまでもコストカットのみを考え、付加価値を生み出そうとしないこと。

などなど、世界を語るなら残念ながら日本企業の大多数は決定スピードが遅すぎる。

いい加減にしないと、本気で周回遅れどころか「メイドインジャパン、なにそれ?」もしくは、「メイドインジャパン、やすくてお得なやつね」としかならない。高付加価値のメイドインジャパンのために、開発スピード、意志決定スピード、そして老害の考えを捨てさせる(いい老い方をする)それを同時並行ですぐにでもしなければ、日本はただの経済がよく見える中身のない国になる。

いい加減気づけよとは思うが、我が身がかわいいのだろうね。

未来への準備

大げさなタイトルですが、これは死ぬまでずっと続いていくことであり、なんだかんだ重要なことでもあります。

私も一時期動く気が無くなって停滞したときもありましたが、今は前を向いて明日以降への準備をしています。

高校生以下の皆さんには、その一日が未来に大きく影響を与えるのだと知ってほしいと思います。

その努力が一年後は無理でも十年後に結ばれることさえあるわけです。

悲観的な人は「努力しても報われない」というのですが、「努力をしなければ報われるチャンスはなかなかやって来ない」わけで、努力こそが結果を呼び込む大きなファクターになるのは間違いがありません。

キャリアプランニングをするに当たり、その目標に対してどうアプローチするかが重要になるわけですが、遠回りを避けるのであれば、大学などの進学時の選択は大きな分岐点になります。

その分岐点に立つことができるかというのも、実は努力がなければそこに立てる資格さえない時があるのです。

自分のキャリアをどうするのかは、その選択肢が現れてから考えるのではなく、目標に向かうときどのような選択肢が現れるのかを予想してそこに備える、つまりはそこを乗り越えるための努力を先にしておかねばその選択肢は答えが分岐しておらず、ただの一本道になってしまい、分岐点に気が付かないことさえあったり、壁が見えたりするのです。

だからこそ未来への準備を、いまからでもスタートすべきでしょうが、そもそも生きることすべてが未来への準備だったりするわけです。

未来を明るくしたくないために今日をサボるのもある意味準備ですが、明るくしたいのが普通の感覚だと思います。

フレッシュマン&ウーマン

昨日、仕事場に向かう途中出くわしたのがタイトルの彼ら。

キラッキラしてやがって、希望に満ちあふれているのがよくわかるのですが、なによりもわかるのは、スーツに「着られている」からでもあります。

私には残念ながらそれがなかった…

童顔なのに同期から「何年目ですか?」と聞かれたのは一度や二度じゃない^^;

その理由は、学生時代はホテルフレンチのホールでウイングコートやタキシードを着ていたので、スーツなんか余裕だったわけです。

中身はおっちょこちょいのガキんちょだったのですが、入社試験の面接で「ずいぶん落ち着いていますね」と言われたのも数多く^^;

その理由はすべて仕事できていた制服にあったとは。

ま、あとは会社の同期から「態度がでかかった」といわれますが、若かったからなのかどんな相手にも正論で臨んでいたから、ぶつかりまくっていたわけで、態度がでかかったわけではないのです。

幸いにもその姿を上司や経営層もわかってくれて潰されなかったから、その後も伸び伸びとやっているわけですが、新入社員の頃はギラギラしていましたね。

兎にも角にもフレッシュマン&ウーマンの未来に幸あれと願うわけです。

おさいふケータイはなくなるのか?

結論から言えば当面はなくならないであろうと思っています。

理由の大きなものとして、なくなるといっている側の「決済は世界的にQRコード」というのがあるのですが、これだけでは根拠としては薄いものだと考えます。

日本国内で言えば、FeliCaということで考えると、鉄道会社の改札および決済に使われていることを考えれば、これは不便ではない訳ですし、なにより鉄道会社が設備に相当な投資をしたことを考えればFeliCaの利用を当面はやめるわけもありませんし、他にもFeliCa読み取り端末を導入した店舗やチェーンを考えれば、なくなることは考えにくいわけです。

しかも携帯電話とFeliCaの組み合わせは、決済だけではなく端末の特定がしやすくなるため、認証には便利な面もありますからおサイフケータイがここ数年で消えることは考えづらいと思われます。

ただし、決済としてはNFCやFeliCaに頼らないQRコードの方が圧倒的にコストがかかりませんし、余計な端末を持つ必要がないのもありますから、強いのは間違いがないと思います。

しかしながらセキュリティーの面から言えば弱いので、その強化は必須だともいえます。

景気とは

世の中で景気拡大がなされていないとか、他国は経済成長しているのに…などと聞かれるわけですが、成熟局面にある日本(米国は未だ人口が増えている成長局面)が、他国ほどの経済成長なんてのは望むべくもないわけです。

では悲観する必要があるのかといえばそうではなく、どうやって付加価値を見いだすかに特化する必要があるのです。

悪いのですが、誰でもできる簡単なお仕事については、余程のことがない限り大幅な賃金アップはありません。

誰でもできる簡単ということは、付加価値がつかないからです。

事務系の仕事にしてもそうですし、体力系のお仕事にしても、他人にあっさり取って代わられる仕事は付加価値が付きません。

ではどんなものかといえば、他にやっている人が少ないが人から望まれるものや、その人と取り替えが付かない、その人がその分野で圧倒的な力を見せているなどというところに付くわけです。

なんで私が20年ほど教育のブログに「勉強しろ」とやったかといえば、人との差別化をするために、まずはその権利を手に入れるチャンスを持っておかなければならないからこそ、次のチャンスのために勉強をしておいた方がいいという意味で言っていました。

今やらなくていい、じゃあいつやるの?ということなんですが、今やらなくていいのは、後々になってもやらないことが多く、気が付いたときにやっておけばいいわけです。

その点、学生時代に勉学の進捗度は明らかになっており、その段階で気が付くのですから、勉強はやっておいた方がいいのです。

マスコミは貧困がどうしたとかきれい事を言っているのですが、じゃあ生まれつきの貧困以外の人は貧困にならない努力をしましたか?と訪ねたのかと。

不幸の連続でたまたま貧困になる人もごく僅かながら存在しますが、そうではなく努力をしないで俺貧困と言う人を、どう見ていますか?と問いたい。

私は昭和30年代出身で、周りも貧乏でしたがそこからの脱却をしました。

高度経済成長の恩恵があったのも事実ですが、自営で20年以上やって50歳を超えてなお付加価値を見いだしていただけるお客様を持っていることができるのは、少なからず努力をしたからだと思っています。

ま、学生時代の努力はどぶに捨てたのでサラリーマン時代に苦労をしましたが、今はそれ以降の努力が報われています。

そして報われるための足掻きをしてきました。

そこまでやってもし貧困にいるのであれば、それは凄まじく運のない人生なのだと嘆いているでしょうが、少なくとも努力は報われることがあるので、今がんばるべきでしょう。

貧乏からの脱出

私も決して裕福ではない家庭で育ちましたが、両親は必死で私達兄弟に困った部分を見せないようにしました。

実際は実家から援助してもらったりもあったそうですが、それは私が親になってから知った話です。

我が家では弟は真面目で努力家でしたので、国立大学から日本を代表する企業へ就職し、両親の自慢となりました。

親に反抗しスピンアウトした私は、好きに生きてきましたが、今ではコンサル業界の端っこですが、なんとか生きていられます…というか、一般から見れば良い方なのでしょう。

兄弟がなんとか世間様より良い環境にあるのは、教育のおかげだったと思っています。

その教育は公教育であり、私学などのお金をかけたものとは違います。

つまりは勉強さえきちんとすれば、金持ちじゃなくてもチャンスができる、そんな公教育に戻せばいいだけのことです。

私学は私達が望んでも金がないため、門前払いとなってやむないのですから、公立こそそれに対抗しうる教育機関として成り立たせるべきです。

勉強をして結果を残すことは、一番と言っていいほど簡単で、国民に平等な権利となります。

だからこそ私は大学を1/3まで減らすべきだと言っていますが、それは学士として必要な大学なのか?ということがあるからで、だったら専門学校で専門性の高い学問を受けた方がいいという考えからです。

貧乏から脱出をしたければ、簡単なのは勉強をして結果を残すことです。

それは証明されている例が山のようにあります。

そのためには公立教育の充実が不可欠です。