カテゴリー別アーカイブ: 日々思ふこと

日本政府はただちに韓国への実力行使を開始すべし

文氏は、徴用工問題は「韓国政府が作り出したものではなく、過去の不幸な歴史によって生まれた問題だ。日本政府はもう少し謙虚な姿勢を示さなければいけない」と指摘した。また、最高裁判決への日本側の反応について「日本の指導者たちがこれを政治争点化し、問題を拡散させていくのは賢明な態度ではない」と批判した。

もう話し合いは無理でしょう。

日本政府はただちに韓国への実力行使を開始するべきです。

まずは大使召還からスタートし、並行してレーダー照射問題で明確な回答がない場合には、軍についての共同行動についての部分も停止すべきでしょう。

そのうえでさらに民間に問うのは、この状態で経済、文化の交流などとぬるいことを言っている奴は危機感がないということです。

なにが韓流ドラマが?観光が?

そんなのは関係が正常な状態で言えることであって、今は韓国政府に喧嘩を売られている状態にあるのです。

韓国がお好きならどうぞお好きに移住でもなんでもしてください。

私はこの文大統領の発言を見て、断交だってかまわないと思っています。

そして、日韓の請求権について白紙にするのであれば、韓国は朝鮮半島における、日本のインフラについての投資についての清算をする必要が生じてきます。

それがどういうことなのかよく考えてみるべきであって、日本が過去に支払った金銭に対してすべてが影響するということを知るべきです。

どうかそれが危機だというのでしたら、韓国にいる良識者はいますぐに文大統領を辞めさせるべきであり、本当に未来志向で日本と歩むと宣言をしたうえで「実行」をしなければなりません。

今回は堪忍袋の緒が切れました。

転職サイトに批判をするって?

最近、SNSの転職サイトの広告に、「一部の人達にしか関係ないじゃないか」という突っ込みをしている人がいて残念な人だなあという感想を持ちました。

ビズリーチなどのある程度のハイスペック転職サイトが、一部の人しか相手にしていないのは当然のことであって、経験もなく、学もない人に、なんでそのようなハイスペック転職をすすめることができるのか理解ができないんだろうなと残念に思ったわけです。

私は社会人となってから30年を過ぎましたが、仕事と結果的に人に恵まれたため、多くの高いレベルの仕事をさせていただく機会を得ることができました。

会社をたたんでからつらい時期もありましたが、現在ではありがたいことに仕事へのお誘いもあり、フリーとしてコンサルティングや、エンジニアとして活動させてもらえるのはたいへんにありがたいことだと感じています。

しかしながら、そこまでやるには私は大学を卒業していませんから、かなりの努力が必要でした。

最終的に専門学校卒となった(厳密には専修学校となりますが)ため、資格で武装する必要がありましたし、企業を上場させその情報システムの中心近くにいることをさせてもらえたのは、私にとってはその後を決める大切なことでした。

おかげで20代でフリーとなりスタートアップに一度失敗はしましたが、「破格の」派遣社員としてミサワホームのシステムコンサルタントとして活動させていただき、またその後自分と当時の義父で会社を興すことができ、なんとか十数年禄と仕事を得られたことは感謝しかありません。

まあ、その後に離婚があり、同時に会社をたたみ、またスタートアップに失敗し(騙された自分が悪いんですがね)業務委託~派遣社員を経てまたフリーの業務委託として仕事ができているのは、過去の仕事に対する結果と姿勢を評価してもらえるからこそ今も仕事があるのだと感謝をしています。

そんな中でありがたいことにハイスペック求人がたまに舞い込むわけですが、マネージャークラスともなると条件はやはり厳しいわけですが、それになんとか当てはまることができているのは、今までの人と仕事によるものだと思うのです。

ここまでできたことに感謝をするとともに、それを実際に自分がやってきたからこそそうした求人が来ているわけですが、最初に突っ込みを入れた人はそこまでの努力をされたのか?と疑問が残ります。

もちろん努力をされたにも関わらず不運が重なり、全く結果を残すことができなかった方も中にはいると思います。

しかしながら、運も実力のうちと言われる通り、それはその人の持っているものと同等ということになります。

そしてはっきり書いてしまえば、努力もしていない、学歴も資格もない人が、こうしたハイスペック求人の募集条件にひっかかるわけもなく当然ながら「一部の人」にしか当てはまらないものとなります。

それは当然と理解できなければ大人ではないのですが、今更過去の運のなさ、努力をしなかったこと、学歴がないことが、それらの条件となることを知らなければ一生浮かばれることはないでしょう。

先日、友人の従兄で中卒の経営者の方とお会いしました。

その方は社会に出てから血を吐くほどの努力をして今日を築いているのだと理解ができましたし、なにより社会の本質を知っていらっしゃいました。

「自分は学はないから~」と言いながらも、彼の言説は的を得るものが多くあり、他の方が知らない情報などを私がフォローしたりしていたのですが、なんとその方は私の情報は知らずに本質を言い当てているわけで、世の理を解しているのだと感じました。

そういう方は逆にハイスペック求人など不要ですし、もっといえば超一流企業であろうと欲しい人材となりうることさえあるわけです。

運がなかった方はこれからまた頑張ってみましょう、私からの応援はそれだけです。

それ以外でぶちぶち言う方は、まず自分が今までどうやって生きてきたのかを考えてみてください。

それによりもっと良い道が見つかるかもしれません。

政治家の批判ブロックは違憲ってか

アメリカ合衆国の高等裁判所でこんな判決がでたそうだが、日本の政治家にもぜひ見てもらいたいものである。

個人的に思うのは、著名人で自分から発信を主に行う人も含め、政治家、マスコミ人についてはブロックしてはいけないだろうと感じます。

なぜなら、反対意見を無視しようとしか思えないからです。

例え反対意見があってもいいと思うのですが、話にならない人や、言葉が通じない人に対してはブロックではなく「ミュート」なる無視できるものがあるのですから、黙ってそうやっていりゃいいわけです。

しかしながらブロックという強固な姿勢となると、公的に近い状態で何かをしている人物では、都合のいい情報しか取り入れる気がないとしか見えないため、好ましくないと前々から感じております。

ぜひ日本でもこの問題を考えてみてはいかがかと思います。

あらためて韓国レーダー照射への抗議を!

Next Mediaとか書いているJapan-In-Depthであるが、まあ見事なまでに幼稚なものを書いてくれたものだと思う。

決定的な回答を書いてみるが・・・
「もし、日本の軍艦が韓国の哨戒機に同じことをした場合にどうなるか」
もうひとつ言ってしまえば
「もし、日本の軍艦が米国の哨戒機に同じことをした場合にどうなるか」
ということを考えてみれば自ずとわかるものだ。

しかしこの筆者は「・日本は韓国の言い訳に騙されるべきだ。」などと書き、また「・許される対抗策は「仕返し」。海自も韓国海軍を照射あるいはレーダ妨害すべきだった。」などと書いている。

前者はありえないことであるし、後者はもし行った場合先ほどの韓国の哨戒機に・・・ということと同様のことになる。

本日、映像が出たようであるが、韓国船の近くに北朝鮮の船舶があったということで、彼らの「北朝鮮の船舶を捜索していたため」というのは嘘であるというのがわかってしまった。

そして、信じられないことが起きているのではないかと、つまり韓国が北朝鮮の背取りを支援しているのではないかとさえ噂されるようになった。

もし、それらが事実であるとしたならば、犯罪を見つかった者が、見られた者に攻撃をするのと同様のことをしたということである。

そんな状況になぜ日本が抗議してはならないなどと言えるのか、先の筆者の神経を疑う。

芸能人であろうと政治の発言は構わない・・・が

タレントのローラがピンチだと報じられているようだが、そんなの当たり前だろうと考えるわけです。

「We the people Okinawa で検索してみて。美しい沖縄の埋め立てをみんなの声が集まれば止めることができるかもしれないの。名前とアドレスを登録するだけでできちゃうから、ホワイトハウスにこの声を届けよう」

ニュースサイトで読む: https://biz-journal.jp/2018/12/post_26057.html?fbclid=IwAR1-4LRQ3NJ-IB9JXzLszS6SOT3PcNpNUwZ3jH8HsSJ72Bcpnp1WGJJCpHI
Copyright © Business Journal All Rights Reserved.

美しい沖縄の埋め立てをやめよう・・・って、辺野古以外の海はどう考えるんですか?

普天間の移設先はなくなるわけですが、普天間はそのままになりますがいいんですね?

と、当然ながらこういう反応があるわけです。

はっきり書きますが、ローラ(もしくは中の人)は不勉強であるとともに偏った見方しかしていません。

美しい海云々を言うなら、環境全てに対して言うべき。

さらには基地に対して代替がないなら、もしくはなくせというなら、その根拠と明確なる意見を表明すればいいただけ。

しかしながら、上っ面であり美しい海なんてのが、言い訳に過ぎない程度のものにしかすぎないわけで、そこをすでに見透かされているから叩かれているだけのこと。

きちんと勉強して、フラットにすれば問題ないものを、パヨ的に捉えられたらそりゃメディアは使いにくくなるわけですよ。

石田純一さんなんかも記事中にはでてくるけれども、まともな発言など一切なかったでしょ?

だから「考えが浅い」としか思わないわけですよ。

それがわからないってんだから、わからない人の頭の中はどうなっているのやらとね。

韓国の病理はなにか

「レーダー照射はない」
 ↓
「北朝鮮の船舶を救助する際に使用」
 ↓
「攻撃の意図はない」
 ↓
「日本は過剰反応」
 ↓
「カメラで撮影していただけ」
 ↓
「やっぱりレーダー照射はしていない」

この時系列を見て信用する人はいるのでしょうか?

まあ朝日新聞は擁護しているようですので信じているのでしょう。
ふざけるな!とは言いたいですが、鮫島なる中の人がツイッターで日本政府が悪い、隠ぺいしているだの好き勝手言っているので、興味のある方はどうぞ(苦笑)

よくもまあこれだけコロコロと「軍」の言うことが変わるものだと思います。

「一応」友軍であるにも関わらず、レーダー照射したわけですから、当然きちんとした検証と予防策が必要になります。

そして、テレビで阿呆が言っていましたが、個人的な感情でもし韓国軍人が行ったとしたなら、そんな軍など危なくてやっていられませんし、個人の感情を優先するような危ない軍人をかかえるなんざ韓国にとっても危険でしかないでしょう。

一歩間違えれば戦争にもなりかねないわけです。

嫌韓流なる漫画本が出てから13年も経つのであるが、韓国という国の本質をすべて表しているとは言えなかったが、ある程度の国民性や国家としての体を表したものであったと感じていたがそれからそんなにも経っているのかと驚いています。

私が韓国という国を軽蔑することになったのは2002年の共催ワールドカップでした。

あの時の韓国よりのジャッジを見て、とてもではありませんがホームタウンだから許されるレベルを超えていることより、なにかしていなければ起きえないと感じてからのことです。

それから先はまあ見事なまでに悪いところが目に付くわけですが、韓流なんてのは特にドラマでは昔の大映ドラマ(スチュワーデス物語等)のような展開であったり、アイドル歌謡なんてのはダンスパフォーマンス優先の芸事にしか見えず興味は当然持ちませんでした。

その頃、慰安婦の強制連行という嘘であったり、なんでもかんでも朝鮮半島起源、優秀な日本人をみつけると在日認定など、とにかくあきれ果てる言動をするわけですが、余計に私のような本来フラットに思っていた人間が嫌悪するレベルにまで達するのですから、その程度がどれほどのものなのか想像に難くないでしょう。

文大統領がうまれてからはさらにそのあたりが顕著になったと感じています。

先に感情が立つというところですし、太平洋戦争時の徴用に対して日韓ではとうに片付いており、また時効を迎えている補償について、日本企業への賠償を命じる判決なんてのを出したりしました。

韓国国内では大使館の向かいに慰安婦像を設置してみたり(これは重要な国際法違反)、それどころか他国にも慰安婦像を設置する始末で、とても前向きに解決するような形にはさらさら見えません。

そんな国家と仲良くお話ししましょうなんて気にならないのは、普通にブログを見ていて腹が立つ奴には文句を書き込んでみたくなったり、罵倒してみたりしたくなる(このエントリーをみて思っている人もいるでしょうが)なんてのと一緒のレベルだと感じます。

もう一つ。

韓国は大統領のその後というのがたいへんに問題になっています。

誰一人として幸せになっていない。

最初は持ち上げるだけ持ち上げて、「国民感情」とやらに流されて最後にはスポイルされるわけです。

文大統領もガンガン支持率をおとしているわけですが、そこに徴用工の賠償は韓国政府にあるじゃん!と1000人以上の方が訴えていて・・・まあそれだけではなく、外交にも大きな問題を抱えていますが、末期的状況になりつつあるわけです。

今回の「北朝鮮船舶の救助」にしても、実は背取りであってそれをChinaと韓国が守っていたのではないかとさえ疑いが出てきているわけです。

そういったあたりを解決できない国家と、どうやってまともに付き合えるのだろうか?と考えるわけですが、一度正式に日本国として大使召還をして、民間交流もしないというレベルまで落とし込むべきだと感じます。

過去の「日々思ふこと(ameblo)」にも書きましたが、そろそろ在日朝鮮人の帰化と帰国をはっきりさせ、帰化する方は日本に忠誠を誓う(米国だって帰化時はそうやって誓約します)という条件で破った場合には本国へどうぞという形にすべきです。

少なくとも終戦から100年目には特別永住外国人をなくすべきだと考えますし、それこそが未来志向ではないでしょうか。

今回のバブル対策ができていない企業があるならそれはリスク管理ができていない証左

本日12/25午前で、日経平均株価は1000円超の下落だったとのこと。

米国が減速傾向にあったため、この下落は予想できたのは当然のこと。

そして、もっと言えば米国は軽いバブルであったのと、Chinaは実態経済に全くあわないバブルであったため、当然ながらシュリンクしていくのは当然であった。

もしこの株価下落で騒ぎ出すような企業やマスコミがあったとしたなら、間抜けとしかいいようがないのである。

そして週末にテレビマスコミで言っていたのが「輸出品に頼っている日本が・・・」という表現があるが、それは全くの間違いであり、GDPに占める輸出の割合は16%程度に過ぎず、あとは内需であること(輸出関連での内需が・・・というのは一旦無視)を考えれば、日本においての経済減速を拙速に唱えるのは間違いである。

ここで日本経済が失速などというマスコミが現れ、またしても民衆が信じてしまえば、バブル崩壊と同じ手順となる。

あの時も私は税理士や会計士の仲間と「経済失速などと言ってしまうと、個人消費が冷え込み本当に経済がしぼむ」と言っていた。

だがマスコミはどこもそれを聞き入れず、多くの民衆はその報道を信じ込んでしまい、財布のひもを固く締める20年を作り上げてしまった。

個人消費こそ経済の最初の出どころであり、基礎となることを考えれば、適度に消費をしなければ経済は回っていかないこととなる。

今回こそマスコミは「日本経済失速」などという言葉を使わず、冷静に「報道」してもらいたい。

許されざる殺人

2015年、寝屋川市で当時中学校一年生の男女二人を殺害した山田浩二被告に対して、求刑通りの死刑が言い渡されたことに対して安堵しています。

凄惨な殺人現場、被害者の年齢、動機・・・さまざまな要素がこの殺人事件の異常性を物語っており、検察官が「更生の余地もない」と断じたのは間違いないのは、少年期からの犯歴をみればわかります。

不幸にもそういう家庭に生まれたのかもしれないが、それで人を傷つけたり殺したりしてもいいはずはなく、まだ若い命を奪ったことは万死に値するのは当然のことです。

一部では帰化人ではないかと流れていますが、事実だとしても人種や国籍でキャラクターが決定するわけではないと思っています。

また、国籍等による方向性はあったとしても、根っからその国籍等について犯罪者というのは好ましくありません。

今はまず、被害者の二人に哀悼の意を示し、ご遺族がこれ以上苦しまないでいられるようお祈りいたします。

そういえば私も娘もそうだったかも

ホンダがおもしろいぬいぐるみを非売品で出品したそうであるが、これを見て思い出したのは親の言葉と自分の上の娘のことである。

私が赤ん坊のころ、泣き止まない時にはオヤジがスバル360に私を乗せて(といっても母親が抱くのだが)そこいらを一周して戻ったそうである。

そのころのせいなのかどうなのかは知らないが、私は今でも車が好きである。

そしてさらに思ったのは上の娘のことである。

ぐずった時に当時乗っていたレガシィの助手席にベビーシートを取り付け、葛飾周辺をぐるっと巡ったものであるが、彼女もすぐに泣き止んで楽しんでいた記憶がある。

車って不思議だなあと思うわけであるが、今は若い世代があまり車に乗らないとのことで残念な傾向ではあるが、東京では持っているだけで負担になるのもまた事実であるし、公共交通網が発達しているので、そこまで必要とも感じないであろう。

ただし、地方に行けば車がないと不便なところが山ほどあるので、そこに住んでいる若者は車を必要なものとして乗るのであろう。

子供をあやすのに車・・・という話でした。

基地をなくせというきれいごとの前に現実社会を見ろ

辺野古の埋め立てに対して、反対派が米国ホワイトハウスへの署名をしている。

まあ、手法としてはちょい右の人たちより5~6年遅れているわけだが、嫌いな米国におもねることをしているのだから、彼らも必至だということがわかる。

・・・が、あまりの無知な芸能人とやらにあきれ果ててしまうわけで、所詮彼らは現実社会を見ずに自分たちが高みにいて安全だからこそ「基地はいらない」なんて言っているのだろう。

そもそも辺野古の移設に対しては、悪評高い鳩山政権でさえも「沖縄県外」「国外」を模索しても、結果としてここにするのが止むを得ないという結論になっている。

その理由をパヨクは完全に無視をしている。

今のChinaはどうなっているか?

南シナ海では環礁を埋め立てて基地化をすすめているし、尖閣諸島へは公船を進行させている。

そしてなにより、今でも東トルキスタン(新疆ウイグル自治区)、内モンゴル(内蒙古自治区)、チベット(西蔵自治区)では民族浄化が行われており、最たる例としては広西チワン族自治区で漢族がチワン族よりも多く住んでいる状況である。

これは進行であり、歴史を学べばわかるのだが、そもそも満州国は漢族の国ではないのがわかるため、いわゆる「中華人民共和国」は清というモンゴル族の国の大部分を奪っただけのことである。

まあ、それを逆手にとって日本も満州国でいろいろやったのは事実だが、それだけでブログ何日分にもなるのでここではおいておく。

とまあ、そんな国が海を隔ててあり、覇権をとろうとしているのであるから(しかも、自分たちが圧倒的優位にしている)、日本国としてはどうするのかというのを真剣に議論しなければならないうえ、現実として国防を考える必要がある。

「米軍の基地はいらない」とパヨクは言うわけだが、沖縄や日本各地から米軍がいなくなるとしたなら、日本は自国を守るためにどうすることが必要だろうか。

・・・と、当たり前の話であるが自衛隊(本来は国防軍)が日本国を守るために、基地を設置しなければならず、当然ながら地政学的に重要な場所に基地を作ることになるため、沖縄は重要な拠点となり、日本海側や中国地方の基地は、自衛隊の基地として使用することになる。

そしてパヨクがもし「基地をなくせ」というのであれば、それは日本国をどうしたいのかデザインができていないのか、Chinaが余程好きなのか、平和な国なのかという勘違いをしているかのいずれかだろうが、どちらにせよ日本国を主としておいていないことがわかる。

良し悪しは別として、国を思うのであればどうしなければならないかを、安保世代は考えていたわけで、そこにある主は「日本」であったはずだ。

だが、今のパヨクにはそれがないからこそ信用などできようはずがないのだ。

さて辺野古に話を戻すが、そもそもは普天間の危険性を減らすためということで移設の話を進めていたはずだ。

辺野古への移設がなければ、当然ながら普天間の利用が継続されるわけで、危険な基地が住居の隣にある状況が変わりはないこととなる。

まあ、それも言ってしまえば「普天間基地」に仕事や経済価値を求めて寄ってきた人たちが住み着いたというのが正解なのだが、それらを無視して普天間基地は危険だというのは正直なところ「移り住んだ人は危険を承知で住んでいる」とさえ考えてしまうこともある。

辺野古に移転すれば、基地関連で生きていた人は当然ながら移転先に移るはずで、そこに移り住んで「危険な基地だ」というマッチポンプをはじめるのだろうか?と今から気にかけている。

私は日本の今いる左翼の大多数(パヨク含む)を無知であり、もっと言えば他国への利益誘導をしているとさえ感じるわけで、こういう信じられないことをやってくるであろうと考えている。

私でさえ世界から戦争がなくなり、武器など無用のものになってくれればという思いはあるが、残念ながらそれをさせてくれないのは、日本の外にその理由がある。

日本がChina傘下に入るなどまっぴらごめんであるし、本来であれば米国軍が日本にいることさえ嫌っていることだ。

だが、残念なことに日本は自分たちでその国防を含めた軍備に制約をかけているために、他国と一対一で立ち向かうことができないのが現実であり、米国との同盟関係が極めて重要な役割を残念ながら果たしているといえる。

もし米国と軍事的にも対等でありたいと願うのであれば、日本は核を含めた軍備の議論をして、その整備をする必要がある。

その一歩として空母の導入は賛成できるものであるが、その利用は日本の周辺に限ることを法律に明記すべきだと考えている。

侵略戦争などもってのほかであり、対China、対DPRKとして日本海側と太平洋側の近海のみの利用にとどめるべきだと思うが、対Chinaにはたいへんに有効な抑止力になりうる。

宮古島海域に空母を展開することで、Chinaへの警告になる(ただし深く侵入された場合には他国と同様攻撃する覚悟が必要)ため間違いなくその周辺海域が重要なこととなる。

これが残念ながら現実社会なのである。